無料の将棋オンラインゲームを探しているならココ!登録してスグに遊べる。オンラインの世界でトップ棋士を目指せ












無料の将棋オンラインゲームなら
ハンゲームがオススメですYO

サイトに入ったら、画面左の
「無料会員登録はこちら」をクリックです
登録してすぐに遊べます☆
『僕もやってますが、メチャクチャ燃えます!』



戻る

羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本

羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本

人気ランキング : 15322位
定価 : ¥ 1,365
販売元 : 浅川書房
発売日 : 2005-12-22

価格 商品名 納期
¥ 1,365 羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本

棋力の高い読者向け

本書には七手詰めが読める人なら読めるというように書かれていますが、かなり読者を選ぶ本だと思います。級位者には十分理解できないのではと思います。
内容は、羽生四冠の実践譜を羽生四冠とともに追体験し、どのような考え方で指し進めたのかを理解するというもので、段位者にとっても中々に高度なものです。これを読めばたちどころに強くなるという種類の本ではありませんが、プロがどういうことを考えながら指しているのか、将棋を指すときの考え方、基本姿勢が何となくわかったような気になります。
なお、手筋を学びたいとか、定跡を覚えたいという人向きの本ではありません。念のため。

思いの外難しい

 某サイトで四五段という棋力だが、私も正解率は良くない。自分の終盤力のなさに呆れた。道理で逆転負けが多いわけだ。
 一手の絶妙手ではなく、一見当たり前の正しい手を「指し続ける」。ここにこの本の主眼があるように思う。相手が最強の頑張りをしてきても、それに惑わされず、その局面の本流を行く。相撲でいえば、華やかな上手投げではなく、一見地味だが、もっとも逆転が少ない、基本中の基本、寄り切り。それを感覚として身につけるのに、優れた本だと思う。
 自分事で恐縮だが、私程度の棋力でも、ときおり絶妙手というのはある。だが、その反面、無筋、珍妙な手というのも数多くあるわけで、こういう指し手が強いわけがない。つまり地力がないわけで、この本は、そうした地力、つまり、基本を身につけるのに、とても向いていると思う。線として成り立っている終盤、なるほどと思うと同時に含蓄が深い。

コンセプトがイイ

現代将棋が最も(過去と比べ)発達した技術の一つに「有利、優勢な将棋を勝ちきる技術」があげられる。本書は副題に「攻めをつなぐ本」とありすべて羽生先生の実戦譜からの出題であるが指定局面はほとんど羽生有利の局面である。そこからどう攻めをつなぎ有利優勢な将棋を勝ちきるかの解説がなされている(このコンセプトがイイ)。将棋は逆転のゲームと呼ばれ、いい将棋を勝ちきれない悔しさは将棋を指す限り逃れられない。本書は現代将棋のエキスとも呼べる技術を現代将棋の第一人者である羽生先生が懇切丁寧に解説したまさしく良書である。過去よくあった終盤術の本にある絶妙手、奇手の類は少なくどちらかといえば地味な手が多く出題(高度な内容であるが最低七手詰めが分かれば理解可能)されているがその根底に流れる構想、読み、手筋はまさにプロの芸と呼べるものである。あなた将棋が強くなりたいでしょう、逆転負けが多いでしょう(私自身の話でもあります)是非買いなさい。

終盤の訓練にはいいと思う

浅川書房の将棋シリーズは、中身が濃いことで有名です。
著者の羽生4冠は、低段のときから終盤は誰が指しても同じ(高段者にとっては)という話をしていましたが 
アマにとっては終盤で勝敗が決するほうが多いのが実情です。
その終盤のトレーニングブックとしてシリーズで3巻ほど出版される予定の初刊で、テーマは攻めをつなぐとなっています。

終盤の本は、手筋なら同出版社の寄せが見える本(1)、(2)が参考になるでしょうし
 見事な終盤を鑑賞するには将棋連盟出版の谷川さんの5冊シリーズ(谷川の寄せ)が参考になると思います。

この本は、少し趣が違い終盤の手筋というよりもむしろ考え方(大局観に近い)をテーマにしてそれが身につくようにかかれています。

形態は、18局の実戦例を終盤から次の1手形式で問いながら考えられる変化も詳しくいっしょに考えていこうというもので
終盤を強くしたいと思う人にはもってこいかと思う。

実際 実戦譜のかげに隠れていた変化も掲載されて参考になります。

ただ 以前の羽生の著書”羽生の絶対感覚”で おーなるほどそこまで考えているかというような感嘆する変化はあまりおめにかかれなかったので
アマ高段者には、ほんのちょっぴり物足らないと感じる人がいるかもしれません。
それと攻めをつなぐというテーマでしたので切れそうな攻めをつなぐような局面がいくつか出てくるかとも思いましたが、
今回はそのような細い攻めをどうやってつなぐという局面はありませんでした。

ただ終盤もこういうトレーニングの繰り返しがいいのかもしれません。

脳内

棋書を買って,詰め将棋や必死問題も解いて,実戦もして,でも全然足らない,強くなるにはこれだけではないはずだとつねづね思っていた.

プロの一手一手を丁寧に,高段者にとっては当たり前のことも詳しく解説して欲しいと願っていた.そしてプロは対局中に何を考えてるのがぜひ知りたかった.

この本を読むと,もう一問目から驚く.読みすすめると,ナルホドこんなことまで考えてるんだ?と感じ入る.次の一手の局面を見ても,答えとなる一手の発想自体が全く自分の中にないので,考えれば思いつくという次元ではなかった.

将棋の幅が広がるというのはとてもうれしいものだ,この本の内容はいままでの棋書では勉強できない種類のものだとと言っていい.

ハンゲームの登録方法


将棋オンラインゲームを
するならやっぱり、 「ハンゲーム

ハンゲームトップページ

正直、ココが一番ユーザーが多くて、
操作がやりやすいです

しかも無料なので・・・

@「ハンゲーム」に入って、画面左上の
「無料会員登録」をクリック

ハンゲーム無料登録画面

◇ハンゲームID
◇パスワード
◇性別
◇生年月日
◇住まいの都道府県
◇メールアドレス

のみの簡単登録♪
会員登録が終わったらログイン!

B画面真ん中の
「---ジャンルからゲームを選ぶ---」
から『将棋弐』を選んで参戦!!

一体、おれは全国で
どのくらいのレベルなのか??

国内最大級の将棋
オンラインゲームで、さぁ腕試し!!
(↓↓クリック出来ます)

ハンゲーム

将棋とは


将棋は知的なゲームで運やつき的な要素は皆無です

将棋は強いものが勝つ それが道理です

将棋(しょうぎ)は、日本将棋、本将棋(ほんしょうぎ)(歴史的には小将棋)とも言い、2人で行うボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。チェス、シャンチーと合わせて世界三大将棋ともいう。

将棋は、ゲーム理論において二人零和有限確定完全情報ゲームに分類されるゲームの一つである。日本では特に本項で述べるいわゆる「本将棋」が普及している。また、中将棋もわずかではあるが愛好家によって残されている。

本将棋は持ち駒の観念があることが特徴で、これは諸外国の将棋類似のゲームにも例のない独特のルールである(近年は持ち駒を利用したチェス派生のゲームも考案されている)。

本将棋の他にも、盤のマス目の数や駒の種類を変えたり、将棋の盤と駒を利用して別のルールで遊んだりする遊戯が考案されている。本将棋以外の将棋、および将棋に関連する遊戯については、将棋類の一覧を参照されたい。

オンラインゲームとは


ネット上には「オンラインゲーム」 と呼ばれるものがあります

これは文字通り オンライン=インターネット上で プレイするゲームです

オンラインゲームの普及とともに、最近は無料のものも増えてきました。

オンラインゲームの特徴は、 ネットを通じて他のユーザーと接触することができることですね

私もハンゲーム等の無料ゲームでしのぎを削っていますよ

オンラインの種類には 囲碁や将棋など、ネット上で対戦するものから 「MMORPG(Massively Multiplayer Online Role Playing Game/多人数参加型ロール・プレイング)」までありますね

信長やFFなんかもオンラインでやると 面白いです

オンラインは、基本的には、 ネットにつながっているパソコンなら、 必要なソフトさえあれば問題なくプレイできるものが多いですが、 中には性能が高いパソコンしか動作しないものもあります


このページのトップに戻る
将棋のオンラインゲームを無料でやろう!』is realized by Web service of アマゾン
Copyright 2006 将棋のオンラインゲームを無料でやろう! All rights reserved.